業務の運営に関する規定

 

事業所名 サンライフ株式会社

第1 求   人
1 本所は、取扱職種の範囲等(※)に関する限り、いかなる求人の申し込みについてもこれを受理します。
 ただし、その申込みの内容が法令に違反したり、賃金、労働時間等の労働条件が通常の労働条件と比べて著しく不適当である場合には受理しません。
2 求人の申し込みは、求人者又はその代理人が直接来所されて、所定の求人票により、お申し込みください。直接来所できないときは、郵便、電話、ファックス又は電子メールでも差し支えありません。
3 求人の申し込みの際には、業務内容、賃金、労働時間、そのほか雇用条件をあらかじめ書面の交付又は電子メールの使用により明示してください。ただし、紹介の実施について緊急の必要があるためあらかじめ書面の交付又は電子メールの使用による明示ができないときは、当該明示すべき事項をあらかじめこれらの方法以外の方法により明示してください。
4 求人受付の際には、受付手数料を、別表の料金表に基づき申し受けます。いったん申し受けました手数料は、紹介の成否にかかわらずお返し致しません。

第2 求   職
1 本所は、取扱職種の範囲等(※)に関する限り、いかなる求職の申込みについてもこれを受理します。
 ただし、その申込みの内容が法令に違反する場合には受理しません。
2 求職申し込みは、本人が直接来所されて、所定の求人票によりお申し込みください。
3 常に、日雇的又は臨時的な労働に従事することを希望される方は、本書に特別の登録をしておき、別に定める登録証の提示によって、求職申込みの手続きを省略致します。

第3 紹   介
1 求職の方には、職業安定法第2条にも規定される職業選択の自由の趣旨を踏まえ、その御希望と能力に応ずる職業に速やかに就くことができるよう極力お世話致します。
2 求人の方には、その御希望に適合する求職者を極力お世話致します。
3 紹介に際しては、求職の方に、紹介において従事することとなる業務の内容、賃金、労働時間その他の雇用条件をあらかじめ書面の交付又は希望される場合には電子メールの使用により明示します。ただし、紹介の実施について緊急の必要があるためあらかじめ書面の交付又は電子メールの使用による明示ができないときは、あらかじめそれらの方法以外の方法により明示を行います。
4 求職の方を求人者に紹介する場合には、紹介状を発行しますから、その紹介状を持参して求人者へ行っていただきます。
5 いったん求人、求職の申込みを受けた以上、責任をもって紹介の労をとります。
6 本所は、労働争議に対する中立の立場をとるため、同盟罷業又は作業閉鎖の行われている間は求人者に、紹介を致しません。
7 就職が決定しましたら求人された方及び関係雇用主から別表の手数料表に基づき、紹介手数料を申し受けます。

第4 そ の 他
1 本所は、職業安定機関及びその他の職業紹介事業者等と連携を図りつつ、当該事業に係る求職者等からの苦情があった場合は、迅速、適切に対応いたします。
2 本所の行った職業の結果については、求人者、求職者両方から本所に対して、その報告をしてください。
 また、本所の職業紹介により期間の定めない労働契約を締結した求職者が就職から6箇月以内に離職(解雇された場合を除く。)したか否かについて、求人者から本所に対して報告してください。
3 本所は、求職者又は求人者から知りえた個人的な情報は個人情報適正管理規定に基づき、適正に取り扱います。
4 本所は、求職者又は求人者に対し、その申込みの受理、面接、指導、紹介等の業務について、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地、従前の職業、労働組合の組合員であること等を理由として差別的な取扱いは一切致しません。
5 本所の取扱職種の範囲等は、取扱職種の範囲等(※)です。
6 本所の業務の運営に関する規定は、以上のとおりでありますが、本所の業務は、すべて職業安定法関係法令及び通達に基づいて運営されますので、ご不審の点は係員におたずねください。

※取扱職種の範囲等
 職種:全職種
 地域:国内
 以下に該当する求人者からの学校卒業見込み者等であることを条件とした求人は取り扱わない。
 若者雇用促進法第11条によって、公共職業安定所が求人不受理とすることができる求人者に該当する旨の自己申告があった求人者

代表者 山際 光司 

個人情報適正管理規定

個人情報適正管理規定(事例案)

 

1. 個人情報を取り扱う事業所内の職員の範囲は、代表取締役山際光司及び総務課の職員とする。個人情報取扱責任者は職業紹介責任者山際光司とする。

2. 職業紹介責任者は、個人情報を取り扱う1に記載する事業所内の職員に対し、個人情報取扱いに関する教育・指導を年1回実施することとする。また、職業紹介責任者は、少なくとも5年に1回は職業紹介責任者講習会を受講するものとする。

3. 取扱者はk、個人の情報に関して、当該情報に係る本人から情報の開示請求があった場合は、その請求に基づき本人が有する資格や職業経験等客観的事実に基づく情報の開示を遅滞なく行うものとする。さらに、これに基づき訂正(削除を含む。以下同じ。)の請求があったときは、当該請求が客観的事実に合致するときは、遅滞なく訂正を行うものとする。
 また、個人情報の開示又は訂正に係る取扱いについて、職業紹介責任者は求職者等へ周知に努めることとする。

4. 求職者等の個人情報に関して、当該情報に係る本人からの苦情の申出があった場合については、苦情処理担当者は誠意を持って適切な処理をすることとする。
   なお、個人情報の取り扱いに係る苦情処理の担当者は、職業紹介責任者山際光司とする。

 

 

サンライフ株式会社  

 

 個人情報の開示等の請求等に関し、その請求等を受け付ける方法を定める場合には個人情報適正管理規定に記載してください。
なお、開示等の請求等を受け付ける方法として定めることができる事項は、以下の通りです。
一 開示等の請求等の申出先
二 開示等の請求等に際して提出すべき書面(電磁的記録を含む。)の様式その他の開示等の請求等の方式
三 開示等の請求等をする者が本人又は代理人であることの確認の方法
四 個人情報保護法第33条第1項の手数料の徴収方法